fc2ブログ
2022.08.21 22:25 | EDIT
自作PCの時間だコラァ!!

というわけで今年のGWを使用して新たに自作PCを組みました。
(ちなみにもう8月なんですが)


パーツ

CPU
Core i5-12400
選定理由は前評判の良さ。圧倒的コスパらしい。


マザーボード
MSI MAG H670 TOMAHAWK WIFI DDR4
選定理由は 安かったから。
KなしCPU買うのでZ690は要らんかなあと考えていたところ、
パソコン工房のGWセールだか何だかで22,000円位で売ってたのを購入。
ちなみに今調べたら最安値がAmazonで32,000位する。。。

メモリ
SAMSUNG M378A4G43AB2-CWE
DDR4の32Gメモリ1枚。選定理由は 安かったから。
12,000円でメモリ32G積めるのは助かる。 ※今Amazon見たら高くなってた

Alder LakeからDDR5に対応してるみたいなんですが
買ったマザボがDDR4なのでこちらを購入。


SSD
SAMSUNG 980 PRO MZ-V8P500B/IT
M.2のSSD。選定理由は値段と速度を天秤に掛けた結果。
あんまり安いの買うと速度がアレなので。


HDD
WESTERN DIGITAL WD20EZAZ-RT
2TBのHDD。選定理由は特になし。
HDDなら何でも良かった。反省はしていない。


グラボ
ASUS DUAL-RTX2060-O6G-EVO
選定理由は折角PC組むのだからグラボは手持ちのGTX 1050tiより良くしたかったから。


電源
RM750x 2021 CP-9020199-JP
選定理由はプラグイン電源が欲しかったという理由。
自分的には配線の取り回しが一番萎える作業なので少しでもラクしたかった。
あと電源はケチったら死ぬ。


ケース
NZXT H510 CA-H510B-B1
選定理由はUSB3.2端子が前面に付いてる?から。
USB3.0以降はまるで分からん。


OS
Windows 10 Pro
選定理由はWindows 10 Homeはもう持ってるからProにしたという謎理由。

CPUクーラー
Cooler Master RR-2V2E-18PK-R2
これだけ後日買った。選定理由は なんか冷えそうだから

当初は「i5なんだしリテールクーラーでヘーキヘーキ」みたいな妙な偏見でCPUクーラー買わなかった。
そして最新CPUの実力は如何かな?とワクワクしながらCinebenchのStartボタンを押す。

3000RPMで回りだすLaminar RM1…
70度を超えるCPU…
これから訪れるであろう鳥取のクソ暑い夏…

気がつけばGW最終日に車を転がして再びパソコン工房を訪れ、このCPUクーラーを手にしていた。

ちなみにマウス・キーボード・ディスプレイはもともと使っていたヤツを流用した。
それでも18万円くらい掛かったんですが…


組んでみた雑感

・やはり新品のパーツの匂いは良い
・前評判通りAlder LakeはCPUを固定する金具がクッソ硬い。これ絶対反ってるよな…
・CPU用電源の裏配線が地味に面倒だった。30分くらい格闘してた気がする。
・Fなしのi5買ったので、グラボ付ける前にマザボのHDMI使って試運転したが画面が映らなくて焦った。グラボからは画面出力OKだったので理由は未だに謎。
・グラボが光る。


使ってみた感想

・前マシン(i7-2600k機)と比べて何もかもが劇的に早くなるわけではない
・Sandy Bridgeが優秀だったんだな
・ただし確実に早くなってる処理はある
  ・最近m5stackなるマイコンを使った開発に手を出してるんですが、ビルドにとても時間がかかるんですよねコレ。
・このマシンだとビルド速度が体感で前の1/3程度になってくれたんで捗ってます。
・これであと10年は戦える…!
スポンサーサイト



2021.09.26 18:29 | EDIT
最近電子工作に手を付けており、いわゆる「スーパーヘテロダイン」ラジオを作ることができたので備忘録として記録を残しておきます。
スーパーヘテロダインラジオの作成前は、ネットの作例を見ながらレフレックスラジオ回路を組んだりしたんですが、
感度を上げると近所にあるNHK第一の放送波がバリコンの上半分まで占拠する状況なんで
やっぱりスーパーラジオ作っときたいというのが発端です。

superhet_radio.jpg

スーパーヘテロダインラジオ用パーツ選定

スーパーヘテロダインラジオで重要になるのが以下になるかと思います。
  • バーアンテナ
  • バリコン
  • OSCコイル
  • IFTコイル

・バーアンテナ

「スーパーラジオ用」のバーアンテナを買う必要あり。
※「ストレート用」だとスーパー用バリコン(2連バリコン)とキャパシタンスが合わないので。

・バリコン

「2連バリコン」となっているもの。
「単連」はストレート用。
2連バリコンは足が3本出ている。

・OSCコイル

「ヘテロダイン」方式の受信機に必要な局部発振器に必要。
コアが赤で着色されてるので「赤コイル」なんて呼ばれたりしている。

・IFTコイル

スーパーヘテロダインではアンテナで捉えた周波数と、OSCコイル(+2連バリコン)で作った局発信号を合わせて「455khz」の信号を作り、その周波数をよく通すフィルターが必要なので、このコイルを使用する。
※455khzで共振し、それより離れた周波数はスルーするため。
※ただし455khzピッタリ以外は通さないわけでもない。
※455khzが一般的だが、その他の周波数が使われることもある。(450khz、465khzとか)

また、コイルに着色されている色によって用途が異なる。
・黄色:IF1段目
・白:IF2段目
・黒:検波用

上記を手に入れる必要があるが、Amazonとかで揃えようとすると無理そうだった。
他の通販サイトなら手に入れることができるが、超トーシロなのでどれを買ったらよいかも分からない。

実際にジャンクカーラジオから赤コイルを剥がしてきた事があるが、2次側コイルの導通が無く、
「断線させちゃったかな?」と中を開けてみたら、そもそも2次コイルが巻いてなかったりした。

妙案

そんな状況なので、パーツすら集められず制作をためらっていたのだが、Amazonを漁っていたところ以下のものを発見。


スーパーヘテロダインラジオの製作キットである。
これなら、制作に必要なパーツを一気に集めることができる(のと自分が見たときはもっと安かった)のでポチる。

また、↑のラジオキットは偶然作成手順が詳細に書かれているものだったので、そのままキットとして組まず、ブレッドボード上で同じような回路を組む際に参考になった。
こちらの記事によれば、このキットの中間周波数は465khzに調整されているらしい。

他に用意したパーツ類


・ブレッドボード

aitendoから購入。
回路が出来上がったあとも、色々パーツとか変えて試行錯誤したいと考えていたので、ブレッドボード上に組むことにした。
透明なやつを買ったので見栄えが良い。ただし透明だと部品を指すときに穴がわかりづらいのは自分だけだろうか…。

・IFT変換基板

aitendoから購入。
OSCコイルやIFTコイルは、そのままだとブレッドボードに刺さらない。
そこでaitendoで売ってる「IFT変換基板」を使えば刺さるようにできる。
Amazonでポチったラジオキットが届いてから、IFTの寸法を図った上で購入。
ピンヘッダは付属しないので別途買う必要あり。


・FET(2SK83)

どうせラジオを作るのであれば高周波増幅もかけたいが、高周波増幅の定番だった2SK241はすでに入手困難になっている。
そこでRFアンプ用との表記があるやつを購入した。

その他、以下を用意した

・2SC1815

地元のパーツ屋で購入していた電子工作ド定番トランジスタ。東芝製かは不明。
ランクはGR。10個くらい手持ちがある。

・コンデンサ

スーパーラジオの作例(回路図とか)をググって必要な容量の物を揃えるとよさげ。
自分は電子工作用に購入したセラミックコンデンサや、HARDOFFから仕入れたジャンク品から引っ剥がした電解コンデンサが多めにあったのでそれを使った。
局発用のコンデンサはキットに付属のやつを使った。
電子工作を始める際にパーツ屋から訳もわからず購入した0.01uのコンデンサが大活躍している気がする。

・セラミックイヤホン

巷に売っている、いわゆるマグネチックイヤホンを使うのであれば低周波増幅回路も組む必要があるが、
回路がうまく動かなかったりしたときの切り分けがメンドそうなので、検波段(黒コイル)直後から音を聞けるように用意。
自分はゲルマラジオキットに付いてたセラミックイヤホンを持っている。

・イヤホンジャック

マグネチックイヤホンを挿せるように用意。

・アンプ付きスピーカー

スイッチ・ボリュームが付いた電池式ポータブルスピーカー製品を用意し、イヤホンジャックにつないで聞けるようにした。
低周波増幅回路をちゃんと組んでパッシブスピーカーを鳴らすようにすればそんなもの不要ではある。
俺はスーパーヘテロダインラジオが作りたいのであってアンプが作りてーんじゃねーんだよ。

・可変抵抗

あると便利。
IF1段目のトランジスタにかけるバイアス調整に100kΩのやつを使用している。

・抵抗

Arduino(互換品だが)のキットに付いてきた抵抗を使った。
以下の抵抗値の物が10個(220Ωだけはたくさん)入っていた。
  • 10Ω
  • 100Ω
  • 220Ω
  • 330Ω
  • 1kΩ
  • 2kΩ
  • 5k100Ω
  • 10kΩ
  • 100kΩ
  • 1MΩ

・詳細不明の手持ちIFTコイル

ハードオフから仕入れた古そうなカーラジオから引っ剥がしてきた。
刻印が無いので詳細は不明だが、底にコンデンサが付いているのでIFTとして使用できると判断。
同カーラジオ基板上には450khzのクリスタルフィルタが付いており、
このコイルも450khzで調整されていると見られる。
実際回路を組んだあと、感度を上げるにはコアを1回転ほど反時計回りに回してやる必要があった。

unknown_coil.jpg
なお同基板上には黄色・白のコイルがあったが、底にコンデンサが付いていなかったので、
オレンジ色のやつを使用した。

・ユニバーサル基板

「詳細不明のIFTコイル」をブレッドボードに指すために用意。
aitendoで変換基板を買っても良かったが、使えるかどうかもわからないIFTのために購入するのをためらい、
ユニバーサル基板をニッパで適当な大きさに切ったあと、IFTとピンヘッダをはんだ付けした。

次回は実際に組んだ回路の図とか試行錯誤した点とか紹介したいが、回路図付きで説明したいのでLTSpice使えるようになっておきたい。
2020.02.27 21:27 | EDIT
今日帰りにスタバのドライブスルーに立ち寄って、ふと車通勤って自分が思っている以上に恩恵があるのではと思ってブログ書いている次第。中身のない駄文をこれから垂れ流すから、時間がない人は引き返すんだ!

例のコロナウイルスが猛威をふるって、新幹線沿いに感染が拡大する中、優雅にスタバのコーヒーをキメたりコンビニコーヒーをキメたりしながらのんびり家に帰る。そんな生活をもう10年続けているんですよねえ。
IMG_0391_edit - コピー


汽車(電車?ナニソレうまいの?)に揺られて自宅から鳥取市内の学校へ通っていた専門学生時代は、とにかく7時代のダイヤに乗り遅れないことが生命線だったのが最早10年前とは時の流れは残酷なもので。
ただし、のんびりコーヒー飲みながら帰る退社と違い、朝出社するための運転は憂鬱だったり。それを考えると、Walkmanでクラシック聞きながらぼーっとしてるだけで鳥取駅につく因美線のほうが楽だったのでは…。
いや、学生共の通学時間とかぶるので、椅子に座れないこともしばしばあったぞ。50分立ちっぱとか田舎暮らしの意味ねーじゃねーかやっぱり車ラクだわ。

もちろん車通勤にはデメリットも有る。一番は車の維持費だろうね。

ガス代と会社の駐車場代は会社から出るのがありがたいが、
  • 車検代
  • 自動車税
  • タイヤ代
  • 修理費
  • 保険代
は出ない。どんだけ金食うねん。
2013年に買ったデイズも走行距離10万キロを超えそろそろヤバい。具体的にはCVT周りがヘバッてきてるので買い替えをホンキで考えないといけないぜ。
変えるとしたら現行モデルのデイズだろうか?なんとなくFiat500がほしいんですがね、FFしか無くて。
(500の4WDモデルも探せばあるかも。いかんせんクルルァ熱が冷めてましてよく調べてない)

「我が不倶戴天の敵ゴーンよ見てるか!?」との言葉とともに新デイズの契約書をTwitterに上げる日も近いかもしれぬ。

個人的な車通勤のデメリットとしては、走行音がうるさすぎてクラシックが聞けたもんじゃないことかな。
汽車()通学時代はノイズキャンセリングイヤホン付きのWalkmanがあったのでなんとか成ってた。

そうだ、車通勤の大きなデメリットを忘れていた。事故の可能性だ。
通勤に使ってる鳥取自動車道、プラスチック製の棒だけで区切られた横を対向車がそれなりのスピードですれ違うこの道路を今まで1,000往復はしてるというのは狂気の沙汰では無いだろうか。そうでなくてもトンネルにまみれた面白げの無い道路をほぼ毎日セルフドナドナしていてよく正気を保っているなと今更感じる。
よく考えたらデメリットだらけじゃねーか!タイトル詐欺だよ!!

そんな感じで、今年の冬は雪があんまり振らなかったことに安堵しながら今日も明日も車通勤するのです。

2019.01.20 23:04 | EDIT

iPhone XR買いました


2018年も終わろうかという1ヶ月前にiPhoneXRに機種変更してきました。

それまでは2015年秋に買った「iPhone 6s」を3年ほど使用していおり、
特に不満なく使用していたのですが、6sという機種はバッテリーに難を抱えており、
バッテリー劣化によりバッテリーの持ちがやたらと短くなっていく問題がありました。

自分の6sも、3年も使えば鳥取のクソ寒い冬に耐えられず、
ちょっと部屋に放置しているだけでバッテリー残量が1%になっていることもしばしば。
「バッテリーそろそろ限界だなー バッテリー交換プログラムっていうのもあるらしいけどメンドイな…」
みたいなことを考えた結果、ちょうど新たなiPhoneがちょっと前に発売されていたので機種変を決意。

そんなわけで寒空の下、車を飛ばし地元(といっても30km先)のDocomoショップへ。
日曜日の昼時ということもあり、Docomoショップでは1時間待ち。
例によってバッテリーがヘタってるiPhone6sでtwitter見ながら時間を潰す。

待ち時間の間に、事前に希望端末を聞かれていたこともあり、
自分の番が回ってきたあとは割とスムーズに機種変更完了。
Docomo Wifiに加入しているので、特に設定無しでショップ内のWifiに接続されていた。
(SIMが刺さっていればDocomoWifiにつながる?)
新たなiPhoneでiCloudにログインすると、今まで使用していたアプリ諸々が勝手に入ってきた。便利すぎる…
すべてのアプリがダウンロードできるまでショップに居座っても良かったが
昼食を食いっぱぐれていたため、続きは自宅に帰ってからにして、店を後にする。
焦るんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ


購入端末

iPhone XR 64GB ブルー

設定が必要だった項目


(iCloudログインだけだとダメだったやつ)
  • ドコモメール
  • キーチェーン
  • 一部のアプリデータ

ドコモメール


ドコモメール用のプロファイルを入れる必要があった。
6sを買ったときにもやった記憶があったので、特に慌てることなく設定

キーチェーン


今まで使っていたiPhone端末でキーチェーンのアクセス許可を行う必要があった。

一部のアプリデータ


LINEなどのアプリは、別途引き継ぎ処理・ログインを行う必要。

雑感


・Docomoの頭金・事務手数料が地味に高い

今回は頭金8,000円、事務手数料2,000円程度払っています。
「頭金」なんて名前付いてるんですが、これ別に端末代ではなく、ただの店の利益になるっぽいですね。
別にDocomoを始め、携帯ショップはボランティアでやってるわけではないので構わんのですがね…

キャリアがやってるオンラインショップで買うと頭金・事務手数料が掛からないらしい。公式によるショップつぶし?

・思ったよりFace IDが便利
使って見る前は、見るだけで勝手にロックが外れるのって危険なんじゃって思ってたんですがね。
いやあ、これ使うと指紋認証に戻れませんよ。
6s使ってた頃は、Touch IDが認証されなくて指を拭いたりホームボタン拭いたりしてました。

それが今では、iPhoneを手に取って使おうと思った瞬間にロックが外れてくれるので
まるでロックが掛かってないかのようにシームレスに使えるわけですよ(過大評価?)

・寝スマホで手が疲れる
使っていた6sより大きいのもあるのですが、妙にずっしりしている印象。

・スピーカーの音が良くなってる?
XR/XSは前機種に比べてサラウンド感が増しているらしい。
それ以前に、自分の前端末である6sはスピーカー1つなので、音は見違えるほど変わっている。

購入アクセサリ


クリアケース




せっかくのカラーバリエーション(自分はブルー)なので、それが生きるようにクリアケースを購入。
今の所液晶フィルムは買っていない。傷がつく恐れがあるが、
どのみちiPhoneは落とすと当たりどころが悪ければ割れる。iPhoneは落としたら負け。

Lightning - 3.5mm イヤホン・ヘッドフォンジャックアダプタ




カーオーディオの3.5mm入力口に差し込んで音楽を聞くために購入。(3.5mmケーブルはすでに持っているので、それとつなぐ)
というよりBluetooth使おうにも、カーオーディオの方にBluetoothがついてないんですよねウチの車…
カーオーディオはケチったら負け。

これであと2年は戦える


それにしてもiPhoneは良い端末だとしみじみ感じてます。
3年間使ってた6sもバッテリー以外に不満はないですし。
2016.01.31 14:32 | EDIT
厳寒の侯、昨年末までの暖気が嘘のように冷え込んでいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ちなみに私は「東方紺珠伝」3ボスのノーマルラストスペルが突破できずにいます。
この変な獏ヤロー後で地霊殿のディナーに出してやる

さらに最近ブログどころかTwitterすら放置する始末。1日1回paper.liのニュースを作成するbotと化している…。

そんな飽き性も祟って、このブログ以外にも幾つかブロクを作成しては削除したりしてました。今ではこのブログしか残っていませんがね。
そこで、どんなブログを作っていたか、備忘録として記述しておきます。

タイトル:引きこもって勉強(していた)
当ブログ
高等学校卒業程度認定試験の勉強について綴る目的で作成。
しかし、運転免許を取得するために自動車学校に通い始めるなどが重なったので、
当初の勉強方法や勉強についての日記は当初からgdgdに。
専門学校時代は只の日記ブログになっていた。
就職してからも暫くは日記だったが、技術的なことも書き始めた。
当初は「引きこもって勉強」というブログタイトルだったが、この頃に「(していた)」を
ブログタイトルに追加。ほとんど日記サイトになっていた当ブログに相応しい名前になったorz。今は引きこもってすらいないし。
技術的と言っても、備忘録だったり痒いところに手が届く程度のエントリーを書き連ね続けて現在に至る。

タイトル:鳥取県民の小言日記
URL:失念
ブログというものを始めてみたくて開始した日記。
当初は鳥取県民としての日々を書き記すというコンセプトだったが、
実はアフィリエイト収入のために始めたというのが本音。
ただし、当時アフィリエイトサイトの利用規約にある年齢に満たなかったためすぐに飽き始める。
しまいには数か月に一回更新すればいいほどに落ちぶれた。(まるでこのブログだな)
そして、高認試験の勉強の日々を綴る目的で作成した、当ブログ「引きこもって勉強」を開始して少し経った頃に、
「引きこもって勉強」に日記的役割も一本化したいと考えブログを閉鎖するに至った。

タイトル:高額商品紹介ブログ
URL:失念
記憶が正しければDTIブログで作成。今確かめたらDTIブログサービス終了してしまったのか…。
自分ではまず購入することのない高額な商品を適当に紹介すれば
ほんのわずかでも購入があればそれなりの報酬があるだろうと考えて作ったブログ。
この頭の悪い天才的なアイデアに胸を躍らせて作ってみたものの、すぐに飽きてブログ削除。

タイトル:ニコニコ動画観察
URL:失念
FC2ブログで作成
ニコニコ動画がサービスを開始して日も浅いときに作成したはず。
マリオ64のTAS動画などを紹介したりした。ニコニコ動画の人気動画や、
日々のニコニコ動画に関する機能追加などの変化を記述する予定だった。
飽きて終了。

タイトル:失念
URL:失念
作成当時、萌え絵を描きたいと考えていたが、絵が壊滅的に下手だった自分はどうにか効果的な絵の練習をしたいと考えていた。
そんな時、2chのVIP板の絵スレでテンプレに入っていた(と思う)30秒ドローイングというサイトを発見。
人体の3Dモデルが30秒間表示され、それを模写するというシステムだった。
そこで練習した結果のスケッチをほぼ毎日アップロードするというブログだった。
飽きて終了。ここ数年絵を描いていない…

以上が今まで自分が作ってきたブログですね。

半数以上がアフィ目的というロクでもなさが黒歴史感を漂わせていますね。
なんだかんだでこのブロクも今年で9年目となりますが、初めの頃の記事内容が本当にひどいですね。何がひどいって、当時Twitterがあったらこのブログ99%存在しないくらい内容が薄い…。

おそらくこのブロクが実は、高認試験を目指している中卒ヒキニートが記述しているという設定の深層学習プログラムが記述していて、段々まともで長い文章を書くようになったと思ったら突然アニメネタを混入させながら鳥取市市庁舎問題記事を上げたり都知事間桐臓硯でいいじゃんとか言い出したりファミチキ食ったり暴走を初めて最終的に2015年2月にプロジェクトが破棄されたんですよとかいったらみんな信じるくらいの内容の薄さでしたよ当初は。

実際のところ、インターネットからのインプットに対し、アウトプットを行うことへのモチベーションがもう無いことがブログ放置の主な原因ですかね。
アフィリエイトに対しても、ネットで自分が儲けるより奇蹟のカーニバルに参加するほうが好きな匿名の臆病者が私ですし…。
 | HOME |  Next Page »

プロフィール

鳥取のワカメ

Author:鳥取のワカメ
鳥取県に住んでいる

Twitterhttp://twitter.com/toriwakame

使ってる
携帯:iPhone XR 64G

//////////PC//////////
自作機
CPU:Intel Core i5-12400
MB :MSI MAG H670 TOMAHAWK WIFI DDR4
POWER:RM750x 2021 CP-9020199-JP
MEM:32GB SAMSUNG M378A4G43AB2-CWE
SSD:SAMSUNG 980 PRO MZ-V8P500B/IT
HDD:2TB WESTERN DIGITAL WD20EZAZ-RT
GPU:ASUS DUAL-RTX2060-O6G-EVO
OS:Windows10 Pro
Case:NZXT H510 CA-H510B-B1
////////////////////

Twitter

FC2カウンター

ブログ内検索